« 6月議会が開会しました | トップページ | 6月議会での質問項目が決まりました »

置き去りにされた民主主義の基本

 4月8日投票で行われた県議会議員選挙で、旧吉敷郡(小郡、阿知須、秋穂)の総合支所では投票日前日の土曜日は、期日前投票を受け付けていなかったことが、山口市議会の一般質問で取り上げられ、改めて問題化しています。

 期日前投票制度は、選挙期日前であっても、選挙期日と同じく投票を行うことができる(つまり、投票用紙を直接投票箱に入れることができる)仕組みです。(投票期間は)選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙期日の前日までの間です=以上、総務省HP。

0704_1   県内22自治体のうち、山口市を除く21自治体では、全ての市役所(役場)、総合支所で選挙期日の前日(土曜日)も期日前投票を受け付けていました(右表)。

 ところが山口市は、小郡、阿知須、秋穂の3カ所の総合支所での期日前投票の受付を金曜日で取りやめ、土曜日の受付は市役所だけとしていました。その理由は「事務手続きの上で困難だった」としています。

 しかし、山口市と比べて、交通の便がはるかに悪い萩市でも17カ所で土曜日の期日前投票を受け付けていた事実を見ると、理由になりません。

 要は、「最大限、有権者の利便を優先する」という民主主義の基本を置き去りにする姿勢がはからずも露呈したということです。

 来月には、国民のいのちと暮らしの将来を左右する参議院選挙が行われます。山口市の対応はただちに改められるべきです。

« 6月議会が開会しました | トップページ | 6月議会での質問項目が決まりました »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/15501300

この記事へのトラックバック一覧です: 置き去りにされた民主主義の基本:

« 6月議会が開会しました | トップページ | 6月議会での質問項目が決まりました »

最近の写真

  • _2017_6
  • _2017_001_2
  • _20170326_001
  • _2017_5
  • _2017_001
  • _2017_4
  • __h28
  • _2017_3
  • _2017_page002_3
  • _2017_page001
  • _2017_page002_2
  • _2017_page002