« 侵略を肯定するDVD使うな | トップページ | 20日から6月議会です »

芸術的な“お役所仕事”

 後期高齢者医療広域連合の議会議員を選ぶ選挙が、県内6市3町の議員には知らされないまま実施され、12人の議員がいつの間にか“当選”していた問題。6日、日本共産党地方議員団として、同広域連合事務局に抗議、申し入れをした。=ニュース参照

 選挙の告示が、6市3町の議員に周知されていなかったことは、当の事務局が調査した結果だから否定できない。それでも「選挙は適法、適切に実施された」と強弁する。その唯一の根拠は、「選挙に関する規則」に定められた「告示」はしている、という一点である。

Dscn3720  それでは、その「告示」とは何か。同事務局がある県自治会館前にある「掲示板」に「告示」をした旨の1枚の紙を貼りだした。それのみである。これをもって、選挙は「告示」された、ゆえに「選挙は適法、適切に実施された」そうだ。

 これから市町議会の議員は、毎日、県自治会館の前を訪れ、掲示板をチェックせよ、ということか。“お役所仕事”もここまでくると、芸術的に見えてくる。

« 侵略を肯定するDVD使うな | トップページ | 20日から6月議会です »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/15352677

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術的な“お役所仕事”:

« 侵略を肯定するDVD使うな | トップページ | 20日から6月議会です »

最近の写真

  • Okashiidaro