« 07年12月議会 水野質問② | トップページ | 07年12月議会 久米質問① »

07年12月議会 水野質問③

■後期高齢者医療の改悪許すな

 水野県議は、来年4月にスタートする後期高齢者医療制度は、①75歳以上の全ての人から保険料を徴収、②保険料は年95,000円と高額、③保険料が二年ごとの改定のたびに値上げされる、④保険料滞納者から保険証を取りあげる、⑤診療報酬の「出来高払い」から「包括払い」への改悪が検討され、「差別医療」が導入される、⑥「特定健診・保健指導」の名目で、健診制度がねじ曲げられる、など多くの問題があることを指摘。「まさしく姥捨て山。保険料軽減のための独自助成を検討するとともに、非人間的な制度の改善を求めるべきだ」、と迫りました。

 今村孝子健康福祉部長は、保険料滞納者への対応は、個々の事情を十分把握した上で、適正に対応するよう、広域連合に対し、助言を行うとのべ、健康診査に要する費用への県助成は、広域連合から正式な要請があれば、検討したいと答えました。また、制度そのものについては、必要な医療が安定的に給付されるよう、必要に応じて全国知事会などを通じ、要望するとのべました。

« 07年12月議会 水野質問② | トップページ | 07年12月議会 久米質問① »

議会質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/17445722

この記事へのトラックバック一覧です: 07年12月議会 水野質問③:

« 07年12月議会 水野質問② | トップページ | 07年12月議会 久米質問① »

最近の写真

  • Okashiidaro