« 艦載機移転のための変更申請承認は撤回を | トップページ | 新年度予算案分析① »

■二井の4選出馬許せず=告発

 二井知事は昨年12月議会で、4選目となる知事選挙(今年8月予定)に、立候補する意思を正式に表明しました。
 これに対し、1996年の初出馬の際、二井氏を支援したN氏(山口市在住)から、「4選出馬は、約束違反であり、許せない」と実名で告発がありました。N氏の思いを紹介します。(N氏からは「実名を出してもかまわない」と言われましたが、ブログという場を考慮し、イニシャルにとどめます)

 1996年当時、私が顧問をつとめていたTM建設(下関市)の社長に、下関市区選出のIH県議から、知事選に立候補する二井関成氏(当時・県出納長)を「ぜひとも応援して欲しい」と依頼があった。「平井天皇」とも揶揄されていた「官僚県政」を何としても倒さなければならないというのが理由だった。
 社長と私はIH県議とともに、壇ノ浦レストラン(下関市)で二井氏と会った。その際、二井氏本人から「知事選挙に出馬しようと考えている。平井天皇の多選(4選)は何としても阻まなければならない。協力してほしい」と懇願された。
 二井氏はその際、「3選まではやらせてもらいたい。4選は絶対にない。間違いない」と明言した。社長は「あなたにかけましょう。多選(4選)はないでしょうね」と念押しし、二井氏も「間違いない」と約束した。
 IH県議からの頼みであり、「多選はしない」との二井氏の発言を信じて、社長は「勝つか、負けるか分からんが、社の命運をかけて支援しよう。おたくにかけましょう」と決断した。
 この後、社長から私に、「仕事を投げ出してもいいから、二井氏を当選させるため、全力をあげろ」と社命が下され、私は文字通り、全身全霊を傾けて、二井氏を当選させるため全力でがんばった。
 ところが、昨秋あたりから、二井氏が4選をめざしているらしいという話が聞こえてきた。私は耳を疑った。IH県議に電話し、「二井知事は4選に出ると言われているが、多選(4選)は考えないという約束を覚えているのか」と問いただした。IH県議は「約束は覚えている。結果的にだますことになった責任は感じている」と弁解した。私は「完全な約束違反だ。4選を阻止するため、事の経緯をマスコミに公表するなど、自分自身でできることは何でもやるつもりだ。このことを二井知事に伝えてくれ」と強く警告した。

 時あたかも、平井龍前知事は82歳の生涯を閉じました。今年8月には、同氏の「多選(4選)」を批判して、当選した二井現知事が「4選」に挑みます。なんとも皮肉なものです。

« 艦載機移転のための変更申請承認は撤回を | トップページ | 新年度予算案分析① »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/40173543

この記事へのトラックバック一覧です: ■二井の4選出馬許せず=告発:

« 艦載機移転のための変更申請承認は撤回を | トップページ | 新年度予算案分析① »

最近の写真

  • Okashiidaro