« 新年度予算案分析② | トップページ | 新年度予算案分析④ »

新年度予算案分析③

■独自施策に大きな遅れ

 ―県民運動の成果は。
 吉田 【表2】のようにいくつかの前進面はありますが、他県が実施している独自の福祉施策と比較すると違いは明白です(表3)。
 経済難で受診率が低下している妊婦健康診査にはすでに11県が独自助成を実施。秋田県での平均的な受診回数は10回に達しています(山口県は2・7回)
 また母子家庭医療費助成を父子も含む「ひとり親」家庭に広げている都道府県は34に広がり、未実施は13府県だけ。山口県で実施するのに必要な予算はわずか1900万円です。
 ―今年は知事選挙です。
 吉田 知事がもつ権限は絶大です。県民のくらし、福祉を第一に考える知事が誕生すれば、県政は必ず変わります。そのため私たちも全力をあげます。

〈県民要求〉=「0803youkyuu.pdf」をダウンロード

〈他県の独自施策〉=「0803sennsin.pdf」をダウンロード

« 新年度予算案分析② | トップページ | 新年度予算案分析④ »

資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/40415842

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度予算案分析③:

« 新年度予算案分析② | トップページ | 新年度予算案分析④ »

最近の写真

  • Okashiidaro