« 新年度予算案分析③ | トップページ | ■2008年3月議会 久米一般質問 »

新年度予算案分析④

■道路特定財源の「一般財源化」は急務

 【解説】いま、国民的な議論になっている「道路特定財源」は、使い道が道路整備に限られている税金です。ガソリン税や自動車重量税、自動車取得税などがあります。たとえばガソリン1㍑150円の3分の1、約54円がガソリン税です。
 08年度政府予算案では5兆4000億円にのぼり、ムダな道路をつくり続ける元凶になっています。
 山口県の道路関係経費をみても、道路建設のための事業費と、道路建設のために借りた県債の返済に1018億円使われていますが、470億円(46・3%)は道路特定財源があてられています(表4)。
 毎年、道路建設にしか使えない500億円近いお金が“自動的”に入ってくるからムダな道路を造り続ける悪循環が生まれます。
 道路にしか使えない道路特定財源を、社会保障にも教育にも道路にも自由に使えるよう「一般財源化」すれば、ムダを減らし、県民が本当に必要とするものに予算を配分することができます。もちろん、生活道路など本当に必要な道路を建設することができます。

〈山口県の道路特定財源〉=「0803douro.pdf」をダウンロード

« 新年度予算案分析③ | トップページ | ■2008年3月議会 久米一般質問 »

資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/40415884

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度予算案分析④:

« 新年度予算案分析③ | トップページ | ■2008年3月議会 久米一般質問 »

最近の写真

  • _2017_6
  • _2017_001_2
  • _20170326_001
  • _2017_5
  • _2017_001
  • _2017_4
  • __h28
  • _2017_3
  • _2017_page002_3
  • _2017_page001
  • _2017_page002_2
  • _2017_page002