« ■6月議会一般質問② | トップページ | ●2008年9月議会 水野議員一般質問 »

■6月議会一般質問③

●美祢地域に総合支援学校の新設を

 久米議員は、地域の障害児教育の中核を担い、ノーマライゼイションを促進する役割をもつ総合支援学校の配置に空白があってはならないと強調。広大な空白となっている美祢地域の障害児の多くは往復二時間かけて宇部総合支援学校に通わざるをえず、子どもたちにとっても、保護者にとっても過大な負担となっていることを指摘し、美祢地域への障害児学校の新設を検討するよう求めました。

 藤井俊彦教育長は、美祢地域に住む障害児や保護者に他地域より大きな負担を与えていることは認めつつ、「一人ひとりの教育ニーズや保護者の意見等のきめ細かな把握に努める」とのべるにとどまりました。

●埋立工事の「竣功」は容認できない

 久米議員は、岩国基地滑走路沖合移設のための公有水面埋立について、国が5月14日、県に「工事竣功」の通知を行ったことをとりあげ、「埋立地の現状は整地されることもなく、デコボコの状態であり、設計図と照らしても『竣功』したとはとても認められない。通知は突き返すべきだ」と指摘し、県の対応を質しました。

 柳橋土木建築部長は、県として現地確認していないことは認めながら「国から埋立工事は完了としたと報告を受けたことにより、竣功通知は正当と判断した」と強弁。久米議員が「通知に添付されていた写真は確認したのか」と重ねて質したのに対し、柳橋部長は、「さしたるデコボコはなかった。国から完了していると報告を受けているのでそれで足りる」とあくまで国の言い分を鵜呑みにする態度を露わにしました。

●米軍のルール違反許さず、規制強化を

 久米議員は、6月3、4の両日、米軍岩国基地で夜間訓練が行われ、160件の苦情がよせられたことを指摘。この間、運用時間外の滑走路使用が増え、市民生活に影響を与えている問題をとりあげ、昨年来の運用時間外の滑走路使用の実態を明らかにするよう求めるとともに、午後11時までとされている岩国基地の滑走路運用時間を、せめて他基地並みの午後10時までに制限するよう求めました。

 奈原伸雄総務部理事は、岩国基地滑走路の運用時間外の使用日数は昨年1月以降、15日あり、うち13日は事前通告がなかったことを認めました。

 滑走路の運用時間を制限することについて二井知事は、「岩国市の意向も聞きながら、今後どう対応するか検討したい」と明確な態度は示しませんでした。

(2008年6月27日)

« ■6月議会一般質問② | トップページ | ●2008年9月議会 水野議員一般質問 »

議会質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/41680165

この記事へのトラックバック一覧です: ■6月議会一般質問③:

« ■6月議会一般質問② | トップページ | ●2008年9月議会 水野議員一般質問 »

最近の写真

  • Okashiidaro