« ●2008年9月議会 久米議員一般質問 | トップページ | ■滋賀県の治水対策を視察 »

●2008年9月議会 藤本議員一般質問

■県庁職員のサービス残業根絶を

 藤本議員は、県庁職員の長時間勤務とサービス残業(ただ働き)の実態を告発し、早急な是正を求めました。
 これは県庁職員からの情報提供によって明らかになったもの。この職員の自己記録によると、今年4月から9月まで6ヶ月間の残業(時間外勤務)時間は計654時間にのぼり、うち5カ月は月100時間を超えています。さらに問題なのは、同職員の部署では残業時間を記録する「予備簿」が作成され、「予備簿」には、本人の自己記録より少なく残業時間が記録されていました。そのうえ、時間外手当支払いの基礎となる「時間外勤務命令簿」ではさらに残業時間が減らされています(表)。
0810_

 藤本議員は、こうした事実をもとに、県庁職場でサービス残業が行われていることは間違いのない事実ではないかと質すとともに、残業時間を「予備簿」と「命令簿」という二重帳簿で記録している職場がどれだけあるのか調査し、早急に是正すべきだと迫りました。
 三好猛総務部長は、「『予備簿』は個々の職場で整理された参考資料」だと強弁しながらも、「予備簿」と「勤務命令簿」に記録された残業時間にかい離が生じる場合があることは否定できず、事実上、サービス残業があることを認めざるをえませんでした。
 三好部長はまた、「予備簿」と「勤務命令簿」の間に違いが生じる場合は、管理職員と職員がしっかり話し合うことが必要だとのべ、残業記録のかい離についての全庁的な調査は拒みました。

■雇用促進住宅の入居者に支援の手を

 藤本議員は、国、雇用能力開発機構が雇用促進住宅の売却・廃止を決定したため、県内では2870戸のうち1800戸が2010年度末までの廃止対象になり、十分な説明もないまま、追い出される住民の不安は相当なものがあると指摘。国に廃止方針を白紙撤回するよう求めるとともに、県として支援を行うよう求めました。
 佐本商工労働部長は、廃止方針は閣議決定されており、白紙撤回を求める考えはないとのべ、円滑な転居や退去困難者への配慮など、廃止が入居者の理解を求めながらすすめられるよう国に働きかけると答えました。また、機構から要請があれば住民説明会への参加や具体的な譲渡交渉があれば検討すると答えました。

■貴重な地層を保存し、活用を

 藤本議員は、広域農道阿武北二期地区の工事現場で、発見された30万年前の火山活動の痕跡を残す貴重な地層を保存し、天然記念物に指定するとともに、地域活性化に活用するよう求めました。
 松永農林水産部長は、保存方法を検討し、工事を進めたいと答え、藤井教育長は、天然記念物指定の可能性や地質学的に価値の高いものを地域の活性化・観光に活用するためのジオパーク構想については地元萩市と阿武町が専門家の意見を聞きながら、検討しており、必要に応じて支援すると答えました。
(2008年10月3日)

« ●2008年9月議会 久米議員一般質問 | トップページ | ■滋賀県の治水対策を視察 »

議会質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/42703205

この記事へのトラックバック一覧です: ●2008年9月議会 藤本議員一般質問:

« ●2008年9月議会 久米議員一般質問 | トップページ | ■滋賀県の治水対策を視察 »

最近の写真

  • Okashiidaro