« ■2009年度県予算案の特徴と問題点④ | トップページ | ■2009年度県予算案の特徴と問題点⑥ »

■2009年度県予算案の特徴と問題点⑤

●雇用・景気対策、子育て支援で前進も

 ―派遣切りなど急激に増加する失業者対策や中小企業支援の取り組みは。

 吉田 原則半年(1年まで延長可)のつなぎ就業事業(雇用人員619人分)と、原則1年以上(更新可)の継続就業事業(同200人分)が盛り込まれています。(表4)

 貸し渋りに直面している中小企業対策として、経営安定資金(県信用保証協会の100%保証)の融資枠は300億円(今年度比220億円増)に拡大されます。

 ―子育て支援策も強化されます。

 吉田 妊婦健診を14回まで公費負担するための県助成制度が実現し、保育園などの施設整備も拡充されます。

0902_5

●財源は「その場しのぎ」の国頼み

 しかし、雇用対策も子育て支援も財源は、国の第二次補正予算に盛り込まれた「基金・交付金」頼みで、期間限定(表5)。抜本的な対策にはほど遠いのが現実です。

0902_6

 ―県独自の施策は。

 吉田 小学校での35人以下学級が小規模校でも実現し、母子家庭医療費助成制度の対象に父子家庭を追加し、「ひとり親家庭医療費助成制度」となったのが数少ない前進です。

« ■2009年度県予算案の特徴と問題点④ | トップページ | ■2009年度県予算案の特徴と問題点⑥ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/44280750

この記事へのトラックバック一覧です: ■2009年度県予算案の特徴と問題点⑤:

« ■2009年度県予算案の特徴と問題点④ | トップページ | ■2009年度県予算案の特徴と問題点⑥ »

最近の写真

  • _2017_6
  • _2017_001_2
  • _20170326_001
  • _2017_5
  • _2017_001
  • _2017_4
  • __h28
  • _2017_3
  • _2017_page002_3
  • _2017_page001
  • _2017_page002_2
  • _2017_page002