« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

マツダの派遣法違反で指導要請

 日本共産党の仁比聡平参院議員、中林よし子元衆院議員らは16日、山口労働局がマツダ防府工場に対し、労働者派遣法、職業安定法にもとづく是正指導を行ったことを受け、同局にマツダから雇い止めされた労働者を直接雇用させるよう再指導を行うよう申し入れました。これには吉田貞好党山口県国会事務所長、藤本一規県議、吉田達彦県議団事務局長らも出席しました。

 仁比参院議員らは、マツダが広島、山口両労働局から是正指導を受けた後も、「違法行為はなかった」などとコメントしていることをきびしく批判。今月9日の参院厚生労働委員会で、日本共産党の小池晃参院議員の質問に舛添要一厚生労働大臣が「マツダは労働者派遣法と職業安定法に違反している」と明確に答弁したこともあげて、「雇い止めされた元派遣労働者を直接雇用させるために再指導すべきではないか」と重ねて求めました。

 応対した西方雅一職業安定部長は「法に違反しているので是正指導を行った。指導に従わなければ勧告、公表という措置になる」と答え、再指導については、「広島労働局とも連携して検討したい」と話しました。

090616roudokyoku

6月補正予算編成に対する緊急要望

 国の09年度補正予算が成立したことをうけ、日本共産党山口県議団と同山口県委員会は6月3日、二井関成知事に対し、6月議会(24日~7月10日)に提出予定の補正予算案に対する緊急要望を行いました。

 水野純次、藤本一規、久米慶典の3県議と吉田貞好県雇用対策本部長、吉田達彦県議団事務局長が出席。当初は、総合政策部の平尾幸雄部長が応対する予定でしたが、前日、県内で重大事態が発生(新型インフルエンザ患者を初確認、秋吉台ホテルでのガス漏れ事故)して、部長がその対応におわれているため、同部の大村慎一次長が応対しました。

 要望では、国の補正予算は大企業への大盤振る舞いや将来の大増税計画など看過できないものだが、不十分ながら今の深刻な雇用や暮らしを応援するために活用できる内容も含まれていることを指摘。外需頼みから、内需主導の経済に転換するため、県としても従来の発想を変えた対策が必要だと強調しました。

 大村部次長は、予算案は成立したばかりで、情報収集に努めているところ。緊急要望の中身については上司にも伝え、検討させていただきたいなどと答えました。

緊急要望の全文「090603hosei_youbou.doc」をダウンロード

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近の写真

  • Okashiidaro