« ●相次ぐ米軍事故で県に共同申入れ● | トップページ | ●大平衆議先頭に中国ブロックが防衛局要請● »

■2016年11月議会討論■河合喜代議員

教育充実求める請願は全て採択を

 2016年11月県議会最終日の16日、日本共産党県議団を代表して、河合喜代議員が反対討論を行いました。
 提出された24議案のうち、一般会計補正予算案、2015年度一般会計決算など3議案に反対し、残り21議案には賛成しました。
 また請願4件のうち、現在、国会で審議されている医療制度の見直しについて、「さらなる患者負担増で受診抑制がおきないよう、慎重な審議を行うことを求める意見書の提出」を求める請願と、「子どもたちに行き届いた教育を求める」請願のうち、5つの項目を不採択にすることに反対しました。
 このうち、「行き届いた教育を求める」請願で不採択とされたことへの反対論旨を紹介します。
 「子どもたちに行き届いた教育を求める」請願のうち、①30人以下学級の早期実現、②複式学級の解消、③私学の学費実質無償化、④正規・専任の教職員の増員、⑤学校の一方的・機械的な統廃合はしない、ことを求めることを不採択とする委員長報告に反対します。

第1に、30人以下学級の早期実現です。

 山口県は少人数学級による教育効果を検証するため、一部の指定校で30人以下学級を試行され、効果は確実にあがっています。教員は、子供たちに、わかる授業、学ぶ喜びを感じられる授業をしたいと願って日々努力しています。子供たち一人ひとりの成長に寄り添える時間と空間が教育には必要です。山口県の先進的なとりくみである30人以下学級の検証結果を踏まえ、全県の子供たちにその効果を波及させるべきです。

第2に、私学の学費実質無償化です。

 私立高校では、2010年度導入された就学支援金制度と授業料減免制度により、学費滞納生徒の数は減ってきていますが、私立中学校では、学費滞納生徒も経済的理由による中退生もそれぞれ増加傾向にあります。
 国際的な教育費無償化の流れの中で、2012年、日本政府も中等教育の漸進的無償化を定めた国際人権規約の留保を撤回し、批准しました。
 私学も含めた教育費の完全無償化に向けて、今後、「高校無償化」の復活や高校生・大学生に対する「給付型奨学金」制度の創設など、教育予算の大幅な増額は急務です。

第3に、正規・専任の教職員の増員についてです。

  本議会でも取り上げさせていただきましたが、教員の時間外労働が月100時間を超える教員数は減少するどころか、増加の一途をたどっています。文科省も、長時間労働という働き方を見直すという方針を出しましたが、この点では、県教委も現場も努力してきています。

 働き方の見直しだけでは根本的な解決はできないということではないでしょうか。正規・専任の教職員の増員こそ現場で苦労されている教職員と子どもたち、保護者県民の共通の願いです。

第4に、学校の一方的・機械的な統廃合の問題です。

 今議会でも、来年度から4年間の県立高校再編整備計画の素案が示されました。光、光丘高校の再編統合、西市高校の分校化、多部制の定時制課程の設置による再編統合などが盛り込まれました。
 わが党は、いま県教委が進めている県立高校の再編整備については、小規模な県立高校の再編統合を前提としたものであり、関係者の合意形成が不十分なものとして容認できません。
 そもそも2005年に発表された「県立高校再編整備計画」は、一方的に設定された高校の「適正規模」にもとづいて、統廃合を推し進めてきました。これは、教育の機会均等と子どもたちの学習権の保障と公教育としての責任放棄につながる危険性をもったものであり、地域文化のセンターの役割を担い、地域の財産でもある県立高校を安易に統廃合すべきものではないと考えます。

(2016年12月16日)

« ●相次ぐ米軍事故で県に共同申入れ● | トップページ | ●大平衆議先頭に中国ブロックが防衛局要請● »

議会質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211988/64668660

この記事へのトラックバック一覧です: ■2016年11月議会討論■河合喜代議員:

« ●相次ぐ米軍事故で県に共同申入れ● | トップページ | ●大平衆議先頭に中国ブロックが防衛局要請● »

最近の写真

  • _2017_6
  • _2017_001_2
  • _20170326_001
  • _2017_5
  • _2017_001
  • _2017_4
  • __h28
  • _2017_3
  • _2017_page002_3
  • _2017_page001
  • _2017_page002_2
  • _2017_page002